Skip to content

お中元をもらったら返事はどうする

お中元は日本の伝統的な風習の1つです。日頃の感謝の気持ちを込めて、お世話になっている人々に贈ります。もしお中元をもらったら、それは感謝されている証。速やかにお礼の返事をすることが、最低限のマナーと言えます。

そして返事には手紙や葉書を使うのが基本。特に仕事や日常生活で社会的立場が上の人に対しては、必ず手紙か葉書でお礼状を送ります。これを怠ると、後からトラブルの原因にもなりかねません。その一方で、よっぽど親しい身内や友人であれば、電話やメールで済ませるケースもあり得ます。

ただしマナーの上では、やはり紙に書いてお礼を述べる方が無難です。お中元のお礼状を送るタイミングについては、3日以内がひとつの目安です。遅くても1週間以内にはお礼の返事をすべきでしょう。遅くなればなるほど相手にも失礼になります。

また暑中見舞いの葉書や手紙を兼ねて、お礼の返事を出すことも可能です。この場合には書き出しに「暑中見舞い」のフレーズを入れると、相手も認識しやすくなります。内容も単にお中元のお礼だけはなく、相手の健康や近況についても軽く触れておけば、暑中見舞いの意味合いを一層強めることができます。もしお礼の返事が遅くなって立秋が過ぎてしまっても、文面を「残暑見舞い」にしておけば、マナー上は失礼にはなりません。

お中元の返礼品については、社会的に目上の人に対してならば、基本的にお礼状だけで構いません。とはいえ、仕事や日常生活では人間関係も複雑であり、相手との関係性から返礼品が必要になるケースもあります。この場合にも、お礼状を同封することを忘れないようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です