Skip to content

日頃の感謝を込めて贈るお中元の基礎

お中元とは、日頃の感謝を込めて一年の間の夏の時期に行うものですが、起源は道教の習慣から始まったと伝えられています。道教では三元と呼ばれは習慣があり、これは先祖に供物を贈る行事で、この習慣に日頃お世話になった人に贈り物をする習慣が重なり現代のお中元になったと言われています。始まったのは江戸時代で、商人が日頃お世話になった取引先やお客さんに贈ることから始まり、一般の方が贈るようになりました。贈る時期は7月の初めから中頃で、最近では6月の中旬から7月の中旬に送られ、遅くなっても暑中見舞いなどの言葉を添えると失礼ではないようになっています。

基本は目下の人が目上の人に贈るもので、もらった人はお返しの必要はありません。ただし最近は友人同士で行うこともあるので、もらったらその品と同額のものをお返しする場合もあります。品物も食料品やお酒、置物や時計など幅広い品があり、いざ贈るとなると何をすれば良いか迷ってしまうこともあり、カタログギフトなども人気です。これはカタログに載っているたくさんの品から、もらった人が自由に品を選ぶことができるもので、相手に自由に選んでもらえるので好評です。

他にも趣向を凝らしたものもあり、品物ではなくリラクゼーションの体験チケットやホテルの宿泊チケット、スポーツジムの無料チケットなどもあります。以前はお中元といえば定番のビールやそうめんなどの夏の風物詩が人気でしたが、相手に喜んでもらえるあっと驚く品が登場しています。お中元のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です