Skip to content

企業の担当者がお中元を買う場合の基本

企業で働く営業担当者は、取引先との関係を非常に重視しています。そして取引先への挨拶を兼ねて、デパートなどでお中元を購入するのが一般的です。しかし経験が浅い営業担当者は、取引先への挨拶用の商品を選ぶ段階で様々な試行錯誤を繰り返しています。けれどももらった人たちの顔を想像すると、お中元に最適な商品を選べるようになります。

取引先の部署で働く人は10名以上であることが多いために、気軽に分けることができる商品を選ぶことが重要です。そのために企業の取引先向けのお中元を購入する場合には、洋菓子などの詰め合わせを選ぶ傾向が強いです。デパートでは様々なお菓子の詰め合わせを販売しており、予算に合わせていつでも手ごろな商品を選べます。賞味期限が比較的長い商品は、企業の営業担当者にも人気があります。

またオフィス内の休憩時間に喜ばれる商品としては、紅茶やコーヒーの詰め合わせを挙げることができます。インスタントコーヒーはお湯を注ぐだけで飲めるために、取引先向けのお中元として非常に適しています。ドリンク系の詰め合わせは価格がリーズナブルであり、予算が限られていても購入しやすいです。一方で企業向けの贈答品として、カタログタイプのギフトを選ぶ傾向も強まっています。

食品の詰め合わせがメインのカタログギフトは、もらった相手が自由に商品を選択できる点が魅力的です。更にカタログはコンパクトなので、大量注文もしやすいのが特徴的です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です