Skip to content

お中元は相手のことを考えてあまり背伸びせず

お中元と聞くと、古臭い、高齢者が対象など昔ながらのイメージにとらわれがちです。もともと、現代のようにスカイプやメールなどで相手とすぐに連絡がとれたり顔をみることができなかった時代に、年に2回の季節の変わり目に挨拶をするものでした。いまではいつでも連絡がとれますから、そのようなことをする必要がなくなってしまったということです。しかし、お世話になった相手がいることは今も昔も変わりません。

ちょっとしたことでも心に残った相手がいるのであれば、折を見て何かお礼をしたいと考えることもあります。そんな時、お中元という方法で相手の方が喜ぶようなものを贈るとよいでしょう。お中元は夏に、お歳暮は冬に贈ります。贈るチャンスを逃すと半年先になりますから、タイミングを間違えないようにしましょう。

お礼の気持ちをこめることは大切ですが、あまり高額な商品を贈るのは、返って相手の方を恐縮させてしまいます。分相応にならないように気をつけましょう。また、お中元は夏の季節になりますから、夏に関わるものを選ぶと季節感が出てよいでしょう。暑さをしのげるもの、スタミナがつくもの、健康に関わるものなら喜ばれるかもしれません。

相手の方に家族がいれば、家族で楽しめるものでもよいでしょう。気持ちがこもっていれば、あまりお金をかける必要はありません。選ぶのに困ったら、お店の人の予算を伝えて選んでもらうのもよいでしょう。人気の商品や新製品をすすめてくれることもありますから、強力な助っ人になります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です