Skip to content

お中元のマナーや時期について

お中元とは日頃の感謝と挨拶の意を込めて贈られるギフトです。贈る対象となるのは会社の上司などの社会通念上、目上とされる人です。お中元は上司との良好な関係性を保つ効果が期待できるものなので、リストラ対策や仕事環境の悪化の防止などを鑑みて贈っておくことがベターと言えるでしょう。仕事の取引先にも贈られることがあります。

仕事上の関係者以外には結婚相手の親御さんに送ったりします。なお、友人などの目上の人以外に贈るケースもあります。お中元はお祝いの贈り物ではないので、贈る時期さえ間違えなければ喪中の人などに送っても問題ありません。ただし、四十九日の時期だけはやめておくほうがよいので、その場合は時期をずらして贈る必要があります。

その際は熨斗(のし)もおめでたいものは避け、白無地などのシンプルなものにしましょう。贈る時期は基本的に7月中旬から8月15日までの間です。ただし、地域によって贈る時期は微妙に異なるので注意が必要です。関東・東北は7月初旬から7月15日まで、九州は8月1日から15日まで、沖縄は旧暦の7月15日まで、北海道と関西・中国地方は上記の通りとなります。

北陸は地域によって贈る時期が異なるため、あらかじめ下調べしておきましょう。お中元の価格帯はおおよそ5000円から1万円です。家族や友人に贈る場合は3000円でも良いでしょう。ただし、機嫌取りが重要な親戚の場合はその限りではありません。

なお、贈る物は相手の好みに合わせたものであるとよりベターです。もし会話の中で好みに関する話が出たならば、よく憶えておきましょう。お中元は社会的な関係性を保つためのツールであり、それと同時に日頃の感謝の意を表す贈り物です。できるだけ有効に活用するようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です