Skip to content

お中元の選び方や由来などについて

お中元は、日ごろの感謝の気持ちを表すために贈られます。地域による慣習に多少の違いがありますが、一般的には7月上旬くらいには贈られます。道教の中元というものと先祖供養の慣習が融合して生まれました。お供え物として贈ることが考えられてきたので、食べ物を選ぶのが基本です。

しかし、最近ではそれだけではなく日用品セットなども選ばれることがあるので、特に食べ物でなくても問題ありません。お中元用として売られている物であればマナー的にも問題ない物が選ばれているはずなので、贈る人の好みに合わせて好きに選んで良いでしょう。目下の人から目上の人に対して贈るのがマナーです。その場合はお返しがいらないとされていますが、贈ることが多くなっています。

同じ程度の間柄の人から受け取った場合にはお返しを贈りますが、その場合は同程度の品物を選んでおけば問題ありません。お礼状を書くのもマナーですが、親しい間柄ならメールや電話で感謝を伝えても良いです。それ以外の場合はしっかりお礼状を書いた方が失礼に当たりません。毎年お中元シーズンになるとデパートでコーナーができるので、そこで選ぶのも良いですし、最近はネット注文できるサイトもありますので、そこから選ぶのも便利です。

あらかじめお中元用として売られている物は、包装も専用の物を用意してくれるのであれこれ悩まなくて済むのも良いところです。金額の相場は3000円から5000円くらいが一般的ですが、特別のお世話になった方に贈る場合はより高価な物を選ぶこともあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です